ヘッダー

border

借金を申し込まれたら

  • 中国に住んでいると、たまに知り合ったばかりの人から借金を申し込まれることがあります。額が半端ないのでもちろん断っています。
  • 友人や親族から借金の申し込みがあると断りきれないということがありますね。
  • ノーマネー

    貸せる余分なお金があるならいいですが、自分の資力を超えているならやはり断ったほうがいいですね。もし、お金を貸すことにしたとしてもきちんと借用書を書いてもらうことが必要ですね。親しい仲だとちょっと抵抗があるかもしれませんが、誤解やトラブルが生じないようにするには、きちんと書面にしたほうがいいと思います。

  • それから人にお金を貸すのは嫌いなので借金を申し込まれたら、貸すのではなくあげるという人もいます。これは、二人の関係がかなり親密な場合に限られると思いますが。私も相手が本当に困っていて、お世話になった人だったり信頼できる友人なら自分の資力の範囲で援助したいとは思いますね。

  • それから連帯保証人になってほしいと言われる場合があるかもしれませんが、これを受け入れるのは、かなりリスクが高いです。連帯保証人になったために自己破産したり自殺したという人もいます。安易に引き受けないほうがいいと思います。
  • そんなギクシャクした関係にならないようにするためには、ちゃんとした金融機関から借入をするのが一番いいです。
  • 特にカードローンの場合は使い道が自由で保証会社が保証してくれるので、人に迷惑をかけることは基本的にありません。詳しいカードローンの情報はこちらをご覧ください→→専業主婦でもお金借りれるnavi※即日融資OKのカードローン